セブンから揚げ

セブンイレブンの和風から揚げは旨い。

鶏肉のサイズを大きくすることで、ジューシー感がアップした様だ。1つが安いし、助かる。

他には、カスタードクリームパンもある。

なめらかなカスタードクリームが入ったクリームパン。しっとりとしたパン生地と、コクのあるカスタードクリームが好相性。パンの上にもカスタードクリームを絞ってある。

どうなるか

経営再建中のシャープが、低消費電力で高精細な液晶パネル「IGZO」を、中国のスマートフォン(高機能携帯電話)新興メーカー、北京小米科技(シャオミ)から大量受注していることが29日、分かったらしい。月産で100万台程度とみられる。テレビより利益率の高いスマホなどの中小型パネルの安定受注により、業績は回復基調。平成25年4~12月期連結決算で最終利益は3年ぶりに黒字を確保し、100億円規模になる見通しの様だ。

今はなりふり構っていられない。さて、どうなることか。

昔からの

日本とインドは昔からの盟友であると言える。

韓・印両国首脳が外交安保分野でも多様で幅広く合意をしたことは揺れるアジア情勢で「勢力均衡」という戦略的利害が作用した結果と見える。

不安定な東北アジアの均衡者として大国インドの積極的役割を期待する意図が濃厚だ。反面、インドの立場では西南アジア
の盟主として加熱する中国との競争構図で韓国を支援軍として確保する計算が隠れている。

安倍首相はこの1年間でシン首相と4度も会見しており、今後の結びつきにも期待できそうだ。

二世のデビュー

キン肉マンの作者、ゆでたまごの一人、中井義則氏の長男がDDTでプロレスデビューするそうだ。

既に総合格闘家としては2007年にデビューしているが、その後は手術の連続だったらしい。

総合とプロレスの両立を目指す様だ。

プロレスの方が自由度が高く、キン肉マンに出てきた様な技が繰り出されるのか、注目したいところだ。

容姿を見てもヒールではなく、ベビーフェイスで恐らくいくのだろう。

バカ売れした

ジェットストリーム プライムという高級ボールペンが昨年発売され、バカ売れしている。

発売からわずか2カ月あまりで、初年度の販売目標5億円の半分に当たる2.5億円を達成。

発売元の三菱鉛筆も、ここまで売れるとは思っていなかったらしい。

高級価格のボールペンに三菱鉛筆が参入するのは、これが初めての様だ。

通常、店頭ではガラスケースに入れられて販売される事が多いが、実際に書いてもらって質を確かめさせる為、ガラスケース外での販売に踏み切った事もここまで売れた理由の一つとされる。

 

どの位あるか

親日の国はどの位あるか。

結構沢山あった。

パラオもそうである。

パラオは日本のODAで学校や病院、さらには電力供給などが行われました。優れたインフラ整備が行われたことで、今のパラオという国がある、と考える人が多いのだとか。

ドイツが第一次世界大戦で敗れると、パラオは「日本」の統治領となる。
日本も、ドイツ同様に「殖産興業」に力を入れた。加えて、日本は「教育」にも熱心であり、現地人の住環境整備とともに、多数の学校や病院を建設した。

日本の行った一連の施策は、パラオに「未曾有の経済発展」をもたらし、人口も2万人から5万人へと激増した。

加入率

日本人の保険加入率は、80%だと言う。

少し前までは90%だったとのこと。

保険の加入率を比較すると、アメリカでは約50%、イギリスでは約30%、ドイツでは約40%。

こうやって見ていると、その差異がよく分かる。

また、生涯に払う保険料が2000万に達するケースも多いらしい。

月々で見ると当たり前の様に引き落とされていくので、ここまで高額になるとはなかなか思えないところが落とし穴だ。

ラッシュ

ソフトバンクショップの廃業ラッシュが始まりそうなのだと言う。

孫社長のお達しで、成績の悪い店舗を容赦なく切り捨てる方針が出されている。

契約ノルマを各店舗に出し、厳格なペナルティを課すと言うのだ。

3ヶ月に一回の査定。7月~9月、10月~12月、1月~3月、4月~6月だ。

既に昨年7月からスタートしている為、この影響がもう出てきている筈だ。

一度でもノルマ未達の場合、インセンティブ20%カット。次の査定時にも改善されていなければ代理店契約の打ち切りだ。

これは物凄く厳しい。

 

 

FB離れ

アメリカでティーンエイジャーのFB離れが進んできているという。

その理由として大きいのは、書き込みや友人関係を親にチェックされるからだそうだ。

スタート時には若者の特権的だったFBも、今やあらゆる世代が当たり前に使う様になってきた。

若者はいつの時代にも、その世代特有のものを持ちたがるものだ。

そこに上の世代からの干渉が入ってくると、面白くないのは当然だろう。

高知

高知県の名物というと何になるだろう。

結構沢山ある様だ。

焼きナスのアイスは、全国選抜「ご当地アイスグランプリ」  で最高金賞と、優秀仰天力賞を受賞している。

ごめんシャモ鍋は、2010年鍋料理の全国大会  第6回彩の国鍋合戦で優勝している。

いもけんびは、サツマイモから手作業で作っている様だ。

他にも、やはり坂本竜馬をモチーフにした名物などが沢山ある。