アメデエ・オザンファン

アメデエ・オザンファン(Amédée Ozenfant; 1886年4月15日 – 1966年5月4日)は、フランスの画家、特に、ピュリスムの画家。

絵画を学び、後にパリに出る。パリでは建築と絵画を学び、キュビスムの影響を受ける。1915年に「L’Elan」(飛翔、または、突撃)という雑誌を創刊し、1917年まで編集に携わる。この間、ピュリスムの理論が形成されていくことになる。

1917年に出会ったシャルル=エデュアール・ジャンヌレとともに、1918年に『キュビスム以降』(Après le cubisme)を著し、ピュリスムを主張した。その後、やはりジャンヌレとともに雑誌「レスプリ・ヌーヴォー(エスプリ・ヌーヴォー。新しい精神)」(L’Esprit Nouveau, 1920年から1925年)を刊行し、また、1925年には、やはりジャンヌレと『近代絵画』(La Peinture moderne)も著している。

1930年ごろからは、教育者としての活動にも重点を置き、学校の設立も含めて、パリ、ロンドン、ニューヨークなどで、絵画教育に注力した。

ジェームズ・ジーンズ

ケンブリッジ出身で1904年からアメリカのプリンストン大学の応用数学教授、1910年から1912年までケンブリッジ大学教授、黒体輻射に関する研究などを行う。その後研究の中心は天文学に移る。1923年から1944年までカリフォルニアのウィルソン山天文台などで研究する。1928年にナイトになる。引退後一般向け科学書を執筆した。

1905年黒体輻射の波長分布に関するレイリー・ジーンズの法則を発表した。

天文学の分野では星間ガスが重力不安定によって収縮することに関する臨界的な値、ジーンズ波長、ジーンズ質量に名前を残している。

惑星の起源に関する潮汐説を唱えた一人である。なお、彼の功績を称えて、小惑星(2763)ジーンズが彼の名を取り命名されている。

ライヴィウ邸

ラジヴィウ邸もしくはラドヴィラ邸(リトアニア語: Radvilų rūmai)は、リトアニアの首都ヴィリニュス旧市街にある後期ルネサンス様式の建物。ヴィリニュスでラジヴィウ家が所有する物件の中で2番目の宮殿とされ、規模は最も大きいものであった。

ミコワイ・ラジヴィウ・チャルヌィの木造邸宅がこの場所に建てられていた可能性があるが、現在の建物はヤヌシュ・ラジヴィウの命によって1635年から1653年に建てられたものである。1655年から1660年のモスクワ侵入により建物は破壊され、数世紀にわたって廃墟のままとなっていた。第一次世界大戦によりさらに破壊され、邸宅の北側部分が残るのみとなった。1980年代に修復が施され、現在ではリトアニア美術館の一部が置かれている。邸宅の一部はなおも修復が必要なままとなっている。

探偵の業務内容について

日本では、2007年6月に探偵業法が施行されるまで明確にはされなかった探偵業者の業務であるが、探偵業法の施行により、探偵業務について「他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務」と探偵業法第2条第1項で定義され、報道機関の依頼を受けて報道の用に供する情報を収集するために行う調査は適用除外とすることが探偵業法第2条第2項において規定された。

ハインツ・ホリガー

オーボエのソリストとしては、1959年にジュネーヴ国際音楽コンクールや1961年にミュンヘン国際音楽コンクールで首位を獲得。国際的に名声ある演奏家であり、献呈されたオーボエ作品も数多い。

演奏家としてのレパートリーは、バロック音楽から現代音楽にまでわたる。ホリガー木管アンサンブルを主宰し、主にバロック音楽を録音した。また、ヨーロッパ室内管弦楽団を指揮してシェーンベルク作品集の録音も残している。ウルズラ夫人は著名なハープ奏者で、古楽器を用いたバロック音楽から、モダン・ハープによる近現代の音楽まで、広いレパートリーを持つ。

パット・パットナム

1974年のMLBドラフト12巡目でニューヨーク・メッツに指名されるも契約せず、翌1975年のMLBドラフト1巡目(全体の23番目)でテキサス・レンジャーズに指名され契約。1977年9月2日の対ボストン・レッドソックス戦で4番・指名打者としてMLBデビューを果たし、4打数2安打をマークする。1979年は主に一塁手として139試合に出場し、シーズン18本塁打をマークして打線の中核を担った。

1982年12月21日にロン・ミュッセルマンとの交換トレードでシアトル・マリナーズに移籍し、1983年は19本塁打を放つ。しかし、1984年は打撃不振に陥り、シーズン途中でミネソタ・ツインズにトレードされる。ツインズでも打撃不振が続き、シーズンオフにフリーエージェントとなる。1985年はカンザスシティ・ロイヤルズと契約するが、MLB昇格はならなかった。

長崎県

「長崎」という地名の由来は次のように長崎氏よりといわれている。長崎氏は桓武平氏千葉流(九州千葉氏)の流れを汲む氏族であり、長崎県の名の由来になったことで知られる。

現在の長崎県庁舎付近の長い御崎に館を構え、長崎港界隈の深堀から時津までの広い範囲を領していた九州千葉氏の一族が九州長崎氏を名乗ったことを起源とする説と、少数意見ではあるが元弘3年(1333年)、北條氏が新田義貞の軍勢に鎌倉を襲われて滅ぶと、代々伊豆国田方郡長崎村を領し、その地名を苗字として、鎌倉の執権である北條氏の執事を務めていたことのある長崎氏の一人が九州に流れ(九州長崎氏)、長崎湾の奥を領して地侍になったと長崎甚左衛門純景がその系図で主張している説がある。

山本権兵衛

明治10年(1877年)の西南戦争時は、派遣されていたドイツ軍艦での遠洋航海中の外地で初めてその事実を知った。同年海軍少尉任官。

明治11年(1878年)、新潟県の漁師・津沢鹿助の三女・登喜子と結婚した。薩摩閥の海軍士官が、士族ではなく、平民の娘と結婚することは、当時としては異例のことであった。

薩摩閥のエリートとしての言動は問題を起こすこともあり、海軍中尉時代には、海軍卿・榎本武揚によって非職となったこともあったが、順調に海軍士官としての経験を積んだ。

森永製菓

1899年(明治32年)に創立された、トレードマークに「エンゼル」を使ったキャラメルなどを製造している老舗メーカーである。「おいしく たのしく すこやかに」がコーポレートメッセージ。東証第1部に上場している(証券コード:2201)。本社は東京都港区芝5丁目33番1号にある。最寄り駅は山手線及び京浜東北線の田町駅と、都営地下鉄浅草線及び都営地下鉄三田線の三田駅。株主数は4万1890名(2006年(平成18年)3月31日現在)。

森永製菓のロゴは、「永」の上の「丶」が「一」になっている旧字体を使用している。実はロゴだけではなく、同じ社の商品に記されている「森永製菓(株)お客様相談室」の一文や製造者の欄にも同じ旧字体が使用されている。また、1986年(昭和61年)夏のエンゼルマーク変更までは、社名ロゴの「株式会社」部分の「社」の字も「礻」の部分が「示」になっている旧字体を使っていた。[1]ただし、登記上の商号は旧字体を使用していない「森永製菓株式会社」である。これは森永乳業なども同様である。

明治節

明治期には天長節だった。当初は旧暦9月22日で、明治6年の改暦以降は新暦に換算した11月3日となった。

大正期には明治天皇崩御日である7月30日が明治天皇祭(先帝祭)となっていた。しかし、天長節も先帝祭も天皇の在位に応じて変動することから、1925年(大正14年)に「明治節」の請願運動が起こり、2万人の署名が帝国議会に上げられた。衆議院では満場一致で可決されたが、当時は大正天皇が病臥していたため、貴族院での審議は中断された。そして、1927年(昭和2年)3月4日に当時の休日法「休日ニ関スル件」が改正されて、明治天皇が名君とされ近代日本の礎を築いたという功績を偲び、祝祭日に設定された。

また、大正天皇誕生日が盛暑期であることを理由に天長節祝日が追加設定されて、大正期は休日が1日多くなっていたが、大正期限定の天長節祝日は昭和期に入ると廃止されて休日が1日減ってしまうため、明治節がその穴埋めの役割も果たすことになった。