夜行バスを抜き打ちで一斉監査

長野県軽井沢町のスキーバス転落事故を受けて、国土交通省は21日夜、東京・新宿のバスターミナル近くで貸し切りバスの一斉監査を行ったそうだ。
国交省関東運輸局の監査官約20人は同日午後9時半から、東京都庁近くの路上でスキーツアーなどに出発する前の夜行バス6台を抜き打ちで監査。5人ずつ車内に乗り込んで、詳細なルートが書かれた運行指示書があるかや、交代運転手がいるかなどを調べた。警視庁の警察官もバスを止め、運転手の免許証を確認したとのこと。
このところ立て続けに起きている高速バスの事故。こうした監査によって体制が見直され、無理なスケジュールでの運行や運転手への指示がきちんと行われているかなどが改善されればいいのだが。