ウィキペディアで深刻な「一次資料」汚染

ネットで調べ物をする時欠かせないものとなってきたフリーの百科事典「ウィキペディア」。最近はネットで固有名詞を調べようとすると、まず検索上位にウィキペディアの項目が出てくる。無料なのに広告もなく、素晴らしいサービスだ。
ただ、ウィキペディアの記事はボランティアの執筆者によって書かれている。執筆者のほとんどは研究者でもない普通の人なので、自ずと記事のクオリティには差が出るし、間に第三者も介していないので執筆者の主観がそのまま反映される。そして、記事の正確性を担保、あるいは検証を可能とするための出典資料についてもいろいろと問題のあるものが見られる。
たとえば、「時雨(白露型駆逐艦)」の記事をウィキペディアで読もうとすると、2015年6月25日の時点で脚注が468も付いている。しかしほとんどの出典が戦闘詳報あるいは戦時日誌で、これらは一次資料(史料)なのだ。
一次資料というと現実に起きた事象に限りなく近い、正確性の高いもののように感じられる人も多いかもしれない。しかし、ウィキペディアでは一次資料に基づく記事の執筆を推奨していないのだ。ウィキペディアの日本語版のガイドラインでは「一般に、ウィキペディアの記事な一次資料に基づくべきではなく、むしろ一次資料となる題材を注意深く扱った、信頼できる二次資料に頼るべきです。ウィキペディアの記事で一次資料を使ってよいのは、信頼できる出版元から公刊されている場合だけです。」と記されている。
要するに、一次資料は研究者により検証、整理されていないため、それらを経た二次資料をウィキペディアでは典拠とするべき、ということだ。このようなウィキペディアの方針にもかかわらず、一次資料ばかりを出展した記事が多いのは、一次資料は正確性の高い資料だと言うイメージ、思い込みが執筆者にあるのではないだろうか。
実際、一次資料の中にも誤った記述があることは往々にしてあるそうだ。また戦闘詳報などの軍部内での報告、記録はまだ正確性があるが、問題は意図的に偏向が存在する一次資料を出している記事だ。
難しいのは二次資料を使った場合でも、その著者が偏向的思想の持ち主だったり、執筆者が恣意的に引用した場合だ。それらを是正にするためにウィキペディアでは誰でも編集可能で、どんな編集が行われたか分かるようになっているが、そういう論争になりそうなのは得てして「編集合戦」になりがちだ。
結局のところ、受け取り手が情報を鵜呑みにせず正確な情報かどうかを判断する力が必要となってくるのだろう。