マック赤字347億円、過去最大に

日本マクドナルドホールディングスが2月9日に発表した2015年12月期通期の連結決算によりますと、減損損失や店舗閉店などに伴う特別損失72億円を計上したことなどによって、最終損益が347億400万円の赤字となりました。
2001年の株式上場以来、過去最大の赤字額に上ります。
売上高は、前年同期比14.8%減の1894億7300万円。
営業利益は252億3300万円の赤字となりました。経常利益は276億9100万円の赤字。
2015年1月に発覚した商品への異物混入問題の影響が売り上げに尾を引き、昨年の12月まで32カ月連続で客数が前年割れするなど、深刻な業績不振が続いていました。
消費者の信頼回復やビジネス回復に向け、新メニューの導入、店舗の改装、閉鎖を進めるなどのビジネスリカバリープランを打ち出したものの、まだ道半ばといった状況です。
2016年12月期通期の業績予想は、営業利益33億円、当期純利益10億円と黒字転換を目指します。