静岡で五輪サーフィン?

2020年の東京オリンピックのサーフィン会場を静岡にするべく、静岡県牧之原市では「ウェーブプール建設構想」が発足しているという。
人工波で協議を行えるようにし、誘致を目指している。公表したのは、西原茂樹市長。市長は市役所の招致委員会でも本部長を務めている。
ウェーブプールは、造波装置を備えており、長さ300メートル、幅100メートルととても巨大なものになる計画だ。市は候補地選定など準備を進めているとのこと。牧之原市にある静波海岸はサーフィンの名所で、西原市長は「地域の活性化につながる。実現したい」とコメントした。ウェーブプールが建設されれば、日本で初めての本格的競技用造波プールの誕生となるという。
2020年まであと4年。日本はどのように変化していくのか。