熊本の寺社、資金難で再建困難

熊本の地震で多くの建物が崩れた。赤紙とよばれる紙が貼りつけられると、戻って住むことはおろか立ち入るのも難しくなってしまう。
倒壊したのは自宅や店舗だけでなく、寺や神社も多く含まれる。
倒壊した自社は、もともと地域の過疎化や高齢化で援助をしてくれる檀家や氏子が減少しており、寺社の再建の資金も足りない。
公的な補助が受けられるのは、文化財があるような一部の寺社なので、必然的に周囲に援助を募るしかないが、周囲も被災者なので住職や宮司は頭を悩ませているという。
2度の震度7に襲われた熊本県益城町には、1185年から歴史のある木山神宮がある。秋祭りや初詣、七五三などで多くの人が訪れていたが、町の文化財に指定されていた築300年の本殿や拝殿などが大きな被害を受けた。
宮司の矢田吉定さん(65)は「壊れるなんて想像もしなかった。信じられない」と話したという。敷地にある矢田さんの自宅も全壊し、現在は長男の家に避難しているとのことだった。
最初の揺れの後、ご神体は避難させていたため、近いうちに仮社殿を建てて参拝できるようにするという。
もっと小さな自社でも被害を受けたところが多そうだが数の把握はできているのだろうか。全ての再建には時間がかかりそうだ。