哺乳類の指、魚のヒレの軟骨が進化したもの

人類の、哺乳類の起源は脊椎、魚類、自立歩行、陸上進化ときている。かつて地球の大半は海で、全ての生物は海で暮らしていた。それが進化し肺呼吸と歩行を可能にして陸に上がり歩きはじめた。
この時魚のヒレが手足となっていることが、化石などから分かっていたが、この度シカゴ大学の研究チームによってヒレの軟らかい骨が指になっていると判明した。
チームは、指や手首を作る遺伝子を使って熱帯魚で実験を行った。遺伝子を壊して育てた魚とそのままの魚を比較すると、遺伝子を壊した魚はヒレの軟らかい骨が形成されなかったという。このことからヒレの軟骨が手足や指に進化したとわかった。
中村哲也シカゴ大研究員は「魚が陸上生物へと進化したメカニズムの解明に向け大きな前進になる」とコメントしている。
鳥類に進化したら、ヒレから翼が形成されるのだろうか。興味が尽きない。