断髪

ゆるキャラグランプリで2位となり、優勝を逃した浜松市の「家康くん」が、ちょんまげを断髪したという。

これは公約だったらしい。

グランプリになれなかった場合も注目を集める、うまい戦略だと思う。

ニュースに二度なる、二度おいしい。

殺伐としたニュースの多い中、大変和む話題だ。

ヒクソン

グレーシー柔術最強の男と言われたヒクソン。

船木戦が事実上、最後の試合となった訳だが、桜庭やヒョードルとの対戦は実現直前まで行っていたのだと言う。

もし実現していたら、と思うが桜庭は当時どうったろうか。

バンダレイ・シウバに負けてしまうまでの間、モチベーションをヒクソン戦に絞りきれたら、勝てただろうか。

何と、長州も対ヒクソンに名乗りを挙げた事があるのだそうだ。
しかしヒクソン側がルールでがんじがらめの要求をし、結局流れてしまった。

 

関連

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う避難生活の長期化による「震災関連死」について、福島県内の市町村が認定した死者数が計1605人(11月30日現在)に達し、地震や津波による県内の直接死者数1603人を超えたという。

震災後の混乱で適切な治療が受けられなかった人が病状を悪化させたり、避難生活の中で発病したりした人、心のバランスを崩し、自殺した人などが含まれるそうだ。

まだまだ、分かっていないだけで沢山のケースがあるのだろう。

何とも痛ましい話だ。

50年

力道山の没後50年で、墓前法要に50人以上が集まったという。

ファンも居たとの事だが、レスラーや関係者を除くとどの位の人数だろうか。

力道山ともなればもっと列をなしても良さそうに思うが、50年も経つと流石に限りが出てくるか。

ちなみに孫の力(ちから)氏は32歳にしてプロレスデビューするのだそうだ。

メニュー表

マックでメニュー表が復活した様だ。

大半の店舗でメニュー表を無くしたのは去年の10月。注文の時間を短縮して後ろに並ぶ客のフラストレーションを軽減するという趣旨だった様だが、これだとマック慣れした客層はいいが、たまにしか来ない客の足は遠のくだろう。

値段の高騰などで、最近は厳しい意見が多いマック。

業績不振から抜け出すにはまだまだ沢山の課題があり、頭の痛いところだろう。

 

フジ

フジテレビが視聴率で苦戦している様子だ。

かつては栄華を極めた時代もあるが、現在は過去の使い回しで保守的になってしまっている様だ。

企画力で他局が半沢直樹などのヒットを飛ばす中、寂しい限りである。

時代の移り変わりもあり、そこについていくのは並大抵の事ではないだろう。

大卒の投手

大卒の投手の活躍が目立つ。

これはスカウトが今までの様に決まった大学のみではなく、まめに足を運び、弱小大学であってもそこで伸び伸びプレーしている選手を発掘する努力を続けてきた為だと言う。

高校時代に活躍できなかった選手も、大学に入り試合に頻繁に出るうちに大きく成長しているケースも多い。

裾野が広がったと言えるだろう。

http://www.thejericho.co.uk/