大器晩成のバーナードショー

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw, 1856年7月26日 – 1950年11月2日)は、イギリスで19-20世紀に活躍したアイルランド出身の劇作家、劇評家、音楽評論家、優生学者、社会主義者。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)創設者。イギリス近代演劇の確立者として有名である。ショーが劇作家としての才能を認められるようになったのは40代であるが、精力的に作品を書き続け、94歳で亡くなるまでに53本もの戯曲を残し、1925年にノーベル文学賞を受賞した。

進取の精神で知られ、新しく世の中に出てくる考え方に対して、ほぼ生涯を通じて賛成している。反面、次々と新しい思想に飛びつき、思想信条に一貫性がないとの誹りもしばしば受けていた。ナチスの優生思想への共感、ソビエト連邦や共産主義に関する好意的な姿勢は物議をかもした。

ベレンコ中尉亡命事件

1976年9月6日、ソ連防空軍所属のMiG-25戦闘機数機が、ソ連極東沿海地方のウラジオストクから約300km北東にあるチュグエフカ基地から訓練目的で離陸。 そのうちのヴィクトル・ベレンコ防空軍中尉が操縦する1機が演習空域に向かう途中で突如コースを外れ急激に飛行高度を下げた。 これを日本のレーダーが午後1時10分頃に捉え、領空侵犯の恐れがあるとして急遽航空自衛隊千歳基地のマクドネル・ダグラスF-4EJがスクランブル発進した。

空自は、地上のレーダーと空中のF-4EJの双方で日本へ向かってくるMiG-25を捜索した。 しかし、地上のレーダーサイトのレーダーは航空機の超低空飛行には対応できず、また、F-4EJのレーダーは地表面におけるレーダー波の反射による擾乱に弱く、低空目標を探す能力(ルックダウン能力)が低かった。

テレカの販売は

日本では1982年(昭和57年)12月に旧日本電信電話公社(電電公社)が発行・発売を開始した。テレホンカード対応の公衆電話は首都圏から設置が進められ、全国に普及した。

1972年(昭和47年)に日本国内で100円硬貨の利用できる黄色の公衆電話機が設置され始めたが、100円硬貨が電話機の金庫に収納された場合、釣り銭の返却は行われない構造になっている。当初は釣り銭式電話機の開発も検討されたが、製造・運用コストの増嵩が見込まれ、見送られた。そこで、釣り銭の現金払い出しに代わる手段として、磁気媒体を利用するカード式公衆電話が開発・製造された。

原因となるのは

肩こりの原因は様々ある様だ。

頸椎や脊椎などのズレによる痛み、強いストレスといった心の病、視力低下や眼精疲労、歯のかみ合わせの悪さなど。

肩こりは重い頭を支えるためにうなじや肩の筋肉が、常に緊張した状態になること。支えるだけの筋肉と脂肪が足りていない重圧過多のため、肩こりが起きている場合もある。

非常にやっかいだ。

現代人にとって、肩こりはつきものだ。

カナリア諸島の歴史

カナリア諸島は、ギリシャ神話に登場した黄金の林檎があるというヘスペリデス島のモデルだと考えられている。

最初はアラブ人やノルマン人、ポルトガル人などが領有していたが、15世紀末に、おそらく先住民であったベルベル系のグアンチェ族共々、カスティーリャ王国が征服している。

グアンチェはのちに家系の断絶や移住者の流入、および混血によるスペイン人への同化によって人数は減少した(とはいえ、現在のカナリア諸島の住民にも、グアンチェの血はかなり流れている)。その後カナリア諸島は、中南米へのスペインの進出活動における基地として重要な役割を果たすことになり、また同諸島の土地の貧しさから住民が数多くイスパノアメリカに移住した(特にキューバ、プエルトリコおよびベネズエラ)。

1960年代以降には保養地および観光地として発展を遂げることとなった。

謎のニセ札事件

謎の偽札事件というのが昔あった。

1954年12月上旬、東京都中央区新富町にある印刷工場に興信所の捜査部長を名乗る男が現れ、「宗教団体の寄付の領収書」に使うものだとして紙幣のようなもの1,000部の印刷を一部50円で発注した。この“紙幣のようなもの”は表面の左右にアラビア数字で「100」と印刷されその横に不明な文字があり、中央には旗を掲げ馬に乗る白い騎士が描かれていた。そして裏面には太陽の昇る絵とダビデの星が描かれていた。

依頼者の「警視庁の公安部長と親しく、了承ももらっている」との説明を信用した印刷所は“紙幣のようなもの”を注文通り刷り上げ、同月中旬までに依頼者へ売り渡したが、あまりにも異様な印刷物の内容に不安になった印刷所側が数日後に警察へ届け出て事件が発覚。

警察が調べたところ男の名乗っていた興信所は実在しないことが判明したという。

怖い日曜日?

シェレシュ・レジェー(Seress Rezső [ˈʃɛrɛʃ ˈrɛʒøː], 1899年11月3日 – 1968年1月11日)はハンガリーのシンガーソングライターで、ピアニスト・作曲家。姓のSeressの末尾はssとなっているが、ハンガリー語の古風な表記で、現代ハンガリー語ならSeresと表記されるもので、発音はシェレッシュとはならずシェレシュである。

この人の暗い日曜日という曲は、自殺者の出る曲として有名。

世界中で数百人、内157名はハンガリー人が自殺したと言われている。都市伝説の可能性も否定できないが、それだけ影響が出たと言う事だろう。

擬足のケリー

2月3日は、ケリーフォンエリックの誕生日だ。

爪フリッツ・フォン・エリックの息子であり、兄にデビッド・フォン・エリックやケビン・フォン・エリックが居た。

オートバイ事故により、擬足をつけて戦う様になる。

前田日明とのシングルは印象的だった。

エリック家族は呪われた血筋で、彼もまた若くしてピストル自殺をしてしまう。